menu

【研究成果】連続干天日数に関する数学モデルを構築し、旱魃の回避に役立つ方法論を提案 -イラク北部のニネベ平原における事例研究-

宇波耕一 農学研究科准教授とRasha M. Fadhil イラク・モスル大学講師の研究グループは、連続干天日数(雨の降らない日が何日続いているか)に関する数学モデルを構築して詳細に調べ、天水農業の盛んなイラクのニネベ平原における旱魃(かんばつ)の回避に役立つ方法論を提案しました。

詳しくは、こちらをご覧ください。