menu

【研究成果】26年ぶりに日本から現生のカワニナの新種を発見

澤田直人 農学研究科修士課程学生、中野隆文 理学研究科准教授の研究グループは135年ぶりに、1886年の論文で使用されたイボカワニナの標本を検討し、現在イボカワニナと認識されている種が1886年に記載された「真の」イボカワニナとは異なる、学名がついていない種であることを解明し、新種サザナミカワニナとして記載しました。

詳しくは、こちらをご覧ください。