海外渡航時の旅行保険加入

 農学研究科では、学生が、私的渡航以外の研究・調査、学会参加、交換留学等で海外渡航を行う際、「日本アイラック社危機管理支援システム」に加入し、事故・災害時等不測事態への迅速な対応にあたっています。
 この危機管理支援システムでは、「不測事態発生時の対策補助」、「救援者派遣費用の支払い」、「弔慰見舞金の支払い」等が提供されますが、学生諸君が、海外旅行保険に加入していることが、必須となります。
 海外渡航の際は、AIU、東京海上日動等の大手保険会社海外旅行保険(治療救援補償額が3千万円以上、できれば無制限)に加入するよう、お願いします。

【注意:クレジットカード付帯の旅行保険について】
 海外渡航の際、個人の旅行保険として、クレジットカード付帯の旅行保険を利用される方が多いと思います。クレジットカード付帯の旅行保険は、治療・救援の補償額が低いこと、迅速に対応できないこと、救援者費用を適用される人数が少ない等の制限があります。 旅行期間や旅行先、旅行目的にもよりますが、できるだけ補償額の大きい、保険会社の提供する旅行保険に加入して頂くよう、お願い致します。特に、私的渡航以外の研究・調査、学会参加、交換留学等の目的で海外に渡航する際には、原則として、クレジットカード付帯の旅行保険ではなく、保険会社の提供する旅行保険に加入することとします。

【海外で事故にあった場合】
 欧米で事故に遭い、重篤な状態に陥り、ICU(集中治療室)で治療を行った場合、1日に付き、約150万円程度請求されます。
 医療航空便により日本に搬送した場合、1時間に付き、約100万円の経費が請求されます。
 例えば、アメリカで交通事故に遭い10日間ICUで治療を受けた後、症状が回復しないため日本に搬送した場合、5,000万円程度かかる場合もあります。
 海外旅行保険の治療・救援補償額が低い場合、残額はすべて、学生若しくは保護者等の自己負担になります。