研究科長・学部長挨拶

京都大学農学部は、1923(大正12)年に創設され、我が国有数の歴史と伝統をもつ農学部の一つです。一方、1953(昭和28)年に発足した大学院農学研究科は、1998(平成10)年の大学院重点化により部局化されました。部局化以後、私ども教員は大学院に所属し、学部で教育を担当しています。創設してから現在に至る約100年の間、京都大学農学研究科・農学部は、各分野で国内外に誇る研究業績を上げ、また多くの優れた人材を輩出することで、農学の発展に大きく寄与してきました。

農学は、生物学のみならず、化学、物理学、社会科学等の多様な基礎知識を必要とする、さまざまな学問分野から成り立っています。京都大学農学部には資源生物科学科、応用生命科学科、地域環境工学科、食料・環境経済学科、森林科学科、食品生物科学科の6学科があり、それぞれの分野に共通する基礎的科目を系統的に教育するとともに、学科ごとに異なる高度な専門教育を実施しています。入学試験の難関を突破した学生の皆さんは、講義・実験・実習や課題研究といったトレーニングを受け、その多くはさらに大学院へ進学して、友人や先輩と切磋琢磨しながら専門知識を深化させることで、社会のさまざまな分野で活躍する人材へ成長します。

農学研究科では、「⽣命・⾷料・環境」をキーワードとして、世代を超えた生命の持続,安全で高品質な食料の確保,環境劣化の抑制と劣化した環境の修復など,人類が直面している困難な課題の解決に取り組んでいます。農学研究科は、農学、森林科学、応用生命科学、応用生物科学、地域環境科学、生物資源経済学、食品生物科学の7専攻で構成され、分⼦・細胞レベルの⽣命活動から地球上の⽣態系、物質循環系さらには地域社会の⼈間の活動まで、農林⽔畜産物の⽣産性の向上と⽣産環境の保全に関わる幅広い研究・教育を実施しています。農学研究科における最先端の研究成果は、大学や農学研究科・農学部のホームページで随時紹介されています。

わが国の⾷料⽣産が厳しい状況にある中、良好な国際関係に基づいた相互協⼒体制の構築は重要です。農学研究科では、世界中の数多くの大学と交流協定を締結し、国際共同研究を進めると同時に、英語だけで学位を取得できるプログラムを提供して数多くの留学⽣を受け⼊れています。また、アセアンの⼤学とのダブルディグリーが取得できる協働教育課程をスタートさせました。さらに、さまざまな国際学生交流プログラムを実施しています。また、地球規模で発⽣する深刻かつ多様な課題の解決のために国境を越えて活躍する⼈材の育成を目指す研究科横断の「グローバル⽣存学⼤学院連携プログラム」に参加し、⾷料安全保障に関わる科目を提供しています。

⼈々が⼼豊かな⽣活を送る上で、⼗分な量の⾷料を確保することがとても重要であることは⾔うまでもありません。しかし、⽣産技術の発展に伴って農業が環境に与えてきた負荷は無視できず、塩害や⼟壌侵食によって⾷料⽣産の制限要因が⽣じています。気候変動や⼤規模な⾃然災害の影響に加え、さらには⼤きく変化する世界の経済によっても農業は翻弄されています。このような難局をどう乗り切っていくか。農学が果たすべき役割はきわめて⼤きいと⾔えるでしょう。私たちはこのような多岐にわたる教育と研究を通じて、皆さんとともに世界の⼈々の平和な暮らしに役⽴ちたいと考えています。

 農学研究科・農学部長 村上 章