主要建物の避難経路等について

2011/04/27

平成23年 4月25日
 
 
 
主要建物の避難経路等について
 
農学研究科長  遠 藤  隆
 
平成21年6月に消防法が改正され、火災のみでなく大規模災害を想定した消防計画を立案することになりました。北部構内は京都大学の吉田キャンパスの一部とされ、事務本部棟を中心とした防火・防災計画の大きな枠組みの中に位置づけられております。さらに北部構内では、独自の消防計画が立てられ、それに沿った防火・防災対応をとることになりました。農学研究科では、自衛消防隊農学研究科地区隊を編成し、部局の防火・防災委員会により、きめ細かな部局での防火・防災対策を検討実施することになりました。安心・安全な教育研究活動を願って、学究生活の基盤ともいえる研究室で構成員の皆様にも日々の研究室での防火・防災のあり方について検討していただきたいと存じます。薬品やボンベの管理、実験中の安全への配慮、野外活動での危険回避など、心がけなければならないことは多々ありますが、消火器や屋内消火栓、AEDや避難器具などの場所や使い方、避難経路等も、個人個人がよく知り、よく使えるようになっておくことが重要だとの思いであります。
 そこで、消防計画にさきがけて、主要建物の避難経路や消火設備の図面を提示することといたしますので構成員に周知下さい。皆様の貴重な学究生活が有意義なものとなりますよう活用されることを願っています。

 

1.農学部総合館.pdf
2.農学・生命科学研究棟.pdf
3.旧農業簿記研究施設.pdf
4.農学研究科2号館.pdf
5.農学研究科農薬系研究室.pdf
6.旧演習林事務室.pdf
7.フィールド科学連携研究推進棟.pdf
8.北部構内自動車車庫.pdf
9.農学部資料館.pdf
10.初期胚操作動物実験室.pdf
11.農業工学科機器収納庫(旧名称).pdf
12.農学部生物生産工学研究施設.pdf