menu

【研究成果】赤外光駆動型光合成をクライオ電顕で捉えることに成功 -低いエネルギーで通常の光化学反応が駆動される仕組み-

伊福健太郎 農学研究科教授、伊藤(新澤)恭子 兵庫県立大学特任教授、菓子野(井上)名津子 同客員教員(助教)、菓子野康浩 同准教授、浜口祐 理化学研究所研究員、川上恵典 同研究員、米倉功治 同グループディレクター、伊藤繁 名古屋大学名誉教授、山下栄樹 大阪大学准教授は共同で、クライオ電子顕微鏡を用いて、近赤外光を吸収するクロロフィルdを主色素として光合成を行うアカリオクロリス・マリナ(Acaryochloris marina)の光化学系I(系I)複合体の構造を明らかにすることに成功しました。

詳しくは、こちらをご覧ください。