教育研究・人材養成の目的

I 教育研究の目的

本研究科及び学部は、自由の学風を重んじる本学の基本理念を踏まえながら、世代を超えた生命の持続、安全で高品質な食料の確保、環境劣化の抑制と劣化した環境の修復など、人類が直面している困難な課題の解決に取り組み、本学が目指す地球社会の調和ある共存に貢献することを教育研究の目的とする。

II  人材養成の目的

上記目的の下、本研究科及び学部は、次のような人材を養成する。

  1. 学部
    農学及びそれに関連する学識と高い倫理性を身につけ、かつ、以下のような能力を備えた社会人
    1. 人類が直面する課題に対して、幅広い視野から科学的解決法を構想できる。
    2. 農林水産業及び食品・生命科学関連産業の意義と重要性を理解し、その発展に寄与できる。
    3. 生命・食料・環境に関わる世界水準の自然科学・社会科学研究が理解できる。
  2. 研究科
    学部で養った学識と倫理性をさらに深めることにより、高度な専門知識と研究技術を習得し、かつ、以下のような使命感をもった教育・研究者、企業・公的機関における専門技術者、行政担当・政策立案者
    1. 生命現象の解明、生物の生産と利用、地域から地球規模に至る環境保全等に関する独創性の高い科学を担う。
    2. 農林水産業及び食品・生命科学関連産業の発展に貢献する画期的な技術革新を実現する。
    3. 現代社会の諸問題に様々な角度から取り組み、環境との良好な関係を維持しながら、社会の発展を持続させるためにとるべき施策及び社会のあるべき姿を提起する。