農学研究科・農学部ロゴマーク

本研究科では、「生命・食料・環境」を合言葉に、21世紀のさまざまな重要課題に取り組む、総合力と国際性豊かな「京都大学農学研究科・農学部」にふさわしいロゴマークを製作することとなり、平成29年5月25日に制定しました。

ロゴマーク制定の経緯

平成29年1月11日からロゴマークを公募し、平成29年3月10日に公募を締め切りました。
応募作品について、農学研究科・農学部所属教職員・学生におけるWEB投票(平成29年3月13日~3月22日正午)により、
採用作品を決定しました。

作者

岡 涼平 様

京都大学経済学部1回生(応募当時)

コンセプト

「 生命の維持に不可欠な水、土と太陽、そして日本人の食の象徴である米を配した。環境を語る上で欠かせない樹木は京大のシンボルである楠をモチーフとした。これらは京大農学部の持つ多様な可能性を表している。

昨今のロゴのフラット化が進む傾向に沿って、あえて立体感をなくし、様々な媒体(印刷物やwebページ)でも見易いモダンなデザインを目指した。

織部という伝統色を一色のみ使うことにより、京都らしさと和を表現した。」

 

ロゴマークダウンロード(※学内からのみ閲覧可)