沿革

農学部は、明治30年に創設された京都帝国大学の7番目の学部として、大正12年に農作園芸学科(後に農学科と改称)・林学科・農芸化学科・農林生物学科・農林工学科・農林経済学科の6学科より出発した。研究方法によって学科を区分する純粋科学的な農学の発展を展望する独自の学風が掲げられた。その後、建学の精神を生かしつつ、時代の要請に応えて水産学科、林産工学科、食品工学科並びに畜産学科が設置され、昭和40年代後半には総合的に農学を展開する体制が整えられた。

農学研究科は、昭和28年に京都大学に大学院が設置されるに伴い発足した。昭和56年には東南アジアやアフリカ地域を主な研究対象とした熱帯農学専攻が設置され、学部10学科、研究科11専攻の陣容が整い、基礎と応用を網羅した総合農学にふさわしい教育研究体制が整備された。
このことを反映して、本学部の卒業生は農学関連の範疇にとどまらず、医薬品工業・製造業・石油化学工業を始め多様な分野に進出している。大学院修了者は国公立の教育研究機関や企業の技術開発分野への進出が著しく、本研究科の重要な役割を特徴づけている。

京都大学は基本理念として、地球社会の調和ある共存に貢献することを重要な柱に掲げている。本研究科が目指す総合農学を端的に示す「生命・食料・環境」は、この基本理念を農学的に具体化したものである。食料にかかわるあらゆる科学を、バイオサイエンスの先端的展開と環境との調和への総合化を基軸として展開し、人と自然の豊かな共存の道を開こうとするものである。

20世紀の終盤に至り、人類生存にかかわる地球的課題が急速に顕在化する中、本学部と研究科は、平成7年度から平成9年度にかけて大学院重点化を進め、大学科制を柱とする学部改組を行った。さらに、平成13年度には食糧科学研究所との統合による研究科の強化と学部の再改組を行い、6学科7専攻体制を取るに至った。このことにより、建学以来一貫して求めてきた自然科学と社会科学の連携、地域性と国際性の重視、長期的視点と萌芽性の尊重などを内包した総合的で学際的な研究のさらなる発展を可能にしている。本研究科が目指す農学の総合的展開は、より幅広い農学関連領域への連携を深め、本学の将来構想にそって進められた生命科学研究科や地球環境学堂を始めとする5つの独立研究科の創設に貢献するとともに、附属施設の全学的統合によるフィールド科学教育研究センターの設置に中心的役割を果たした。

以上のような学部・研究科の内的充実と外的広がりを進めつつ、わが国を代表とする農学の総合研究拠点として、先端的・統合的研究を展開し、21世紀の社会が求める柔軟で総合的な思考力とより高い専門性を兼ね備えた世界に羽ばたく人材の養成を目標に研究と教育を展開している。

明治 30 (1897)年 6月 京都帝国大学設置
大正 10 (1921)年 4月 芦生演習林設置(京都府北桑田郡知井村)
12 (1923)年 11月 農学部設置
13 (1924)年 1月 農林園芸学、林学、農林化学、農林生物学、農林工学、農林経済学の6学科設置
13 (1924)年 5月 附属農場、附属演習林設置
14 (1925)年 農林園芸学科を農学科に改称
15 (1926)年 1月 和歌山演習林設置(和歌山県有田郡八幡村)
15 (1926)年 9月 演習林上賀茂試験地設置(京都市上京区上賀茂)
昭和 (1928)年 11月 摂津農場設置(大阪府三島郡磐手村大字安満)
(1929)年 1月 摂津農場古曾部園芸場設置(大阪府三島郡磐手村大字古曾部
(1931)年 3月 徳山砂防演習地設置(徳山市笹葉ケ丘)
12 (1937)年 5月 大島植物試験地設置(和歌山県西牟婁郡串本町)
17 (1942)年 3月 演習林徳山試験地設置(旧徳山砂防演習地)
22 (1947)年 4月 水産学科設置
22 (1947)年 10月 京都帝国大学を京都大学と改称
24 (1949)年 4月 北海道演習林標茶経営区設置(北海道白糠郡白糠村)
24 (1949)年 6月 新制京都大学設置
25 (1950)年 2月 演習林白浜試験地設置(和歌山県西牟婁郡白浜町)
25 (1950)年 6月 北海道演習林白糠経営区設置(北海道白糠郡白糠村)
28 (1953)年 農林化学科、農林工学科をそれぞれ農芸化学科、農業工学科に改称
28 (1953)年 4月 大学院農学研究科(農学専攻、林学専攻、農芸化学専攻、農林生物学専攻、農業工学専攻、農林経済学専攻、水産学専攻)設置
33 (1958)年 4月 附属簿記研究施設設置
34 (1959)年 2月 農業植物試験所設置(京都府乙訓郡向日町)
35 (1960)年 7月 高原畜産試験牧場設置(京都府船井郡丹波町)
36 (1961)年 11月 農場機構の改正により、摂津農場を本場、古曾部園芸場を古曾部温室部と改称
38 (1963)年 4月 附属農薬研究施設設置
40 (1965)年 4月 林産工学科設置
42 (1967)年 4月 食品工学科設置
42 (1967)年 6月 附属亜熱帯植物実験所設置(旧大島植物試験地)
44 (1969)年 4月 林産工学専攻設置
46 (1971)年 4月 附属植物生殖質研究施設設置(旧農業植物試験所)
食品工学専攻設置
47 (1972)年 4月 畜産学科設置
47 (1972)年 5月 附属水産実験所設置(舞鶴市字長浜)年
49 (1974)年 4月 附属牧場設置(旧高原畜産試験枚場)年
51 (1976)年 4月 畜産学専攻設置
56 (1981)年 4月 熱帯農学専攻設置
57 (1982)年 4月 附属生物細胞生産制御実験センター設置
平成 (1990)年 6月 農芸化学科の改組に伴い、附属生物細胞生産制御実験センター廃止
(1991)年 4月 附属農場古曾部温室部を花卉温室部に改組
(1995)年 4月 農学部10学科を生物生産科学科、生物機能科学科及び生産環境科学科の3学科に改組
附属農業簿記研究施設廃止
地域環境科学専攻及び生物資源経済学専攻設置(再編整備)
(1996)年 5月 附属植物生殖質研究施設廃止
森林科学専攻及び応用生物科学専攻設置(再編整備)
(1997)年 4月 附属農薬研究施設廃止
農学専攻及び応用生命科学専攻設置(再編整備)
10 (1998)年 4月 附属農場・附属演習林・附属亜熱帯植物実験所・附属牧場・附属水産実験所は大学院研究科の附属施設に再編
12 (2000)年 4月 農学部、農場、演習林各事務部を農学部等事務部に統合
13 (2001)年 4月 農学研究科・食糧科学研究所の改組(統合)
食品生物科学専攻設置(再編整備)
農学部3学科を資源生物科学科、応用生命科学科、地域環境工学科、食料・環境経済学科、森林科学科及び食品生物科学科の6学科に改組
15 (2003)年 4月 農学研究科附属施設の演習林、亜熱帯植物実験所及び水産実験所が全学共同利用として設置のフィールド科学教育研究センターへ移行
28 (2016)年 4月 附属農場が大阪府高槻市より京都府木津川市へ移転