京都大学農学部教育研究基金

京都大学農学部教育研究基金へのご支援のお願い

 京都大学農学部は大正12 年(1923 年)に設置され、以来、学制改革(昭和24 年)、大学院農学研究科の設置(昭和28 年)、大学院重点化に伴う改組(平成7 年)、食糧科学研究所との統合に伴う再改組(平成13 年)を経て、現在の学部6学科(資源生物科学、応用生命科学、地域環境工学、食料・環境経済学、森林科学、食品生物科学)、大学院7専攻(農学、森林科学、応用生命科学、応用生物科学、地域環境科学、生物資源経済学、食品生物科学)体制に至っています。自由の学風を重んじる本学の基本理念を踏まえながら、世代を超えた生命の持続、安全で高品質な食料の確保、環境劣化の抑制と劣化した環境の修復など、人類が直面している困難な課題の解決に取り組み、地球上の多様な社会の調和ある共存に貢献することを目的として、教育・研究に取り組んでいます。京都大学農学部・農学研究科のこれまでの発展は、歴代の教職員の努力に加えて、社会で活躍しておられる同窓生や関係企業・団体からの暖かいご支援によるところが大きく、改めて感謝申し上げる次第です。
 さて、国立大学は、平成28年から第3期中期目標期間に入りましたが、これまで減額されてきた国からの運営費交付金の増額は望むべくもなく、当研究科でも教育研究環境はいぜんとして厳しい状況が続いています。
 このような中、本基金は学生ならびに若手研究者の研究活動支援に大いに役立っており、特に昨年度からは、すべての大学院生に一度は国際学会における研究発表を体験してもらおうと、海外渡航支援を強化することにいたしました。また、留学生のための交流事業支援も本基金事業の一環として実施することとなり、留学生間あるいは留学生と日本人学生との間の交流を活性化することに活用しております。さらには、本基金による博士研究員あるいは特定教員の採用など、より積極的な利用も継続して検討しているところです。
 社会や世界の情勢が大きく変化する昨今、安定かつ持続的な農林水産資源の生産と健康で豊かな食生活の実現にとって農学部・農学研究科の果たすべき役割は大きく、「生命・食料・環境」に関する教育研究の重要性はますます高まっています。構成員一同、これからもその発展に貢献すべく励んでまいりますので農学部・農学研究科にますますのお力添えをいただきますよう、伏してお願い申し上げます。

平成28年8月吉日

京都大学農学部・農学研究科
学部長・研究科長 宮川 恒
副研究科長 縄田栄治
副研究科長 裏出令子
副研究科長 村上 章

募金について

1. 名 称  京都大学農学部教育研究基金

2. 目 的  京都大学農学部教育研究基金として、農学部・農学研究科における教育関連設備の整備、学生・若手研究者の支援、
     国際交流の促進、産学連携の体制整備、同窓生や社会との連携の拡大などの事業を行います。

3.期 間  随時受け付けます。

4.寄 附 額 1口 1千円(口数にかかわらず受け付けます。)

5. 事業計画

 1)教育関連施設・設備の整備・充実 学生の自習室・控室の整備、学生支援室の整備など

 2)学生・若手研究者の支援・育成 公募による研究費の補助、海外研修旅費の補助など

 3)国際交流の促進

 4)産学連携の窓口(研究活動推進室)の充実と研究室の整備

 5)同窓生の交流施設の整備

 6)一般向け学術講演会、同窓会支部への公開講義などの開催

6.寄附金の性格と寄附金の申込・払込方法

 1)寄附金の形式
   京都大学に寄附金として納付され、「京都大学寄附金事務取扱規程」(平成16年達示第99号)の規程により経理されます。
   免税措置については、下記の基準により個人又は法人の所得から控除され、税制上の優遇措置を受けることができます。

  ■個人の場合
   寄附金が2千円を超える場合、その超えた金額が当該年の所得から控除されます。
   ただし、寄附金の額が総所得金額の40%を上回る場合は40%を限度とします。 所得控除額 = 寄附金額 - 2千円

  ■法人の場合 全額損金算入が可能です。

 2)寄附金の申込方法
   寄附金申込書 – 農学部教育研究基金
   上記寄附金申込書のアンダーライン個所に記載・押印のうえ、同封の封筒(切手不要)にてご送付願います。

 3)寄附金の払込方法
   ご寄附をお申し出いただいた後、京都大学より送付します「寄附金振込依頼書」により、銀行からお振り込み願います。

7. 寄附金に関する問合せ先

京都大学北部構内事務部経理課第二運営費・寄附金掛
住 所 〒606-8502 京都市左京区北白川追分町
電 話 075-753-6419
FAX 075-753-3623
E-mail a60unneihi2@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp