京都大学農学研究科附属農場基金

京都大学農学研究科附属農場基金へのご支援のお願い

 京都大学農学研究科・農学部附属農場(大阪府高槻市)は、1928(昭和3)年の開設以来85年以上にわたり農学教育の根幹である実習教育に携わり、多くの優れた農学研究者・農業指導者を輩出するとともに、農学の実証研究フィールドとして重要な成果を上げ、学術と農業技術の進展に大きく寄与してまいりましたが、平成28年4月、関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市)木津中央地区(京都府木津川市)に移転いたしました。
 新農場の総面積は 24.6 ha で、実習のための教育拠点としてだけでなく、日本を代表する農学の総合研究拠点として、次世代型農業技術の開発と実証を目指しております。例えば、再生可能エネルギーやバイオマス資源の積極的な利用に基づいた環境負荷低減型グリーンエネルギーファームモデルの構築は大きな目標の一つです。また、農場内には GPS 基地局を設置しトラクター等の農業機械の自動運行が可能になっています。さらに地下水位制御システムを導入した圃場、精密な複合型環境制御温室の設置、ガス発電により発生する排熱と二酸化炭素をそれぞれ温室の暖房と植物の生育に利用する「トリジェネレーションシステム」の導入など、最先端のテクノロジーを取り入れ、生産性の向上と生産システムの効率化・強化を実現する技術開発に挑戦します。
 また、プロジェクト研究室、プロジェクト研究圃場を設け、これらの先端施設を広く開放し、農学・植物学分野に携わる研究者や学術研究機関、企業などからの幅広いニーズに応え、産官学連携を強力に推進することにより、木津川市やけいはんな学研都市をさらに発展させる牽引役としての役割も担っていきたいと考えています。
 この移転にあたり、私どもはできる限りの施設の高度化を図り、豊かで持続的な未来社会の実現に大きく貢献するような夢のある農場をつくりたいと考え、「京都大学農学研究科附属農場基金」を平成25年度に創設し、皆様のご支援をお願いしてきたところです。おかげさまでこれまでに多くのご支援をいただき、移転作業を円滑に行うことができましたことを改めてお礼申し上げます。一方で、施設・設備の充実や周辺環境の整備はこれからも時間をかけて進めていく必要があり、さらに今後産官学による総合的な共同研究や地域との連携協力を強力に推進していくためには様々な経費も必要となることが予想されます。つきましては新農場の機能充実と運営の活性化をめざし、皆様には引き続きご支援をお願いいたしたく存じます。経済環境が厳しい折に誠に恐縮でございますが、何卒よろしくお願いいたします。

平成28年8月吉日

京都大学農学部・農学研究科
学部長・研究科長 宮川 恒
副研究科長 縄田栄治
副研究科長 裏出令子
副研究科長 村上 章

募金について

1. 名 称  京都大学農学研究科附属農場基金

2. 目 的  京都大学農学研究科附属農場基金として、附属農場における研究施設・設備の充実とその周辺整備、
     産学連携の体制整備及び運営の活性化のための事業を行います。

3.期 間  随時受け付けます。

4.寄 附 額 1口 1万円(口数にかかわらず受け付けます。)

5. 事業計画

 1)研究関連施設・設備の整備・充実

 2)産学連携の推進

 3)運営の活性化

6.寄附金の性格と寄附金の申込・払込方法

 1)寄附金の形式
   京都大学に寄附金として納付され、「京都大学寄附金事務取扱規程」(平成16年達示第99号)の規程により経理されます。
   免税措置については、下記の基準により個人又は法人の所得から控除され、税制上の優遇措置を受けることができます。

   ■個人の場合 
    寄附金が2千円を超える場合、その超えた金額が当該年の所得から控除されます。
    ただし、寄附金の額が総所得金額の40%を上回る場合は40%を限度とします。
    所得控除額 = 寄附金額 - 2千円

   ■法人の場合 
    全額損金算入が可能です。

 2)寄附金の申込方法
   寄附金申込書 – 附属農場基金
   上記寄附金申込書のアンダーライン個所に記載・押印のうえ、同封の封筒(切手不要)にてご送付願います。

 3)寄附金の払込方法
   ご寄附をお申し出いただいた後、京都大学より送付します「寄附金振込依頼書」により、銀行からお振り込み願います。

7.寄附金に関する問合せ先

 京都大学北部構内事務部経理課第二運営費・寄附金掛

 住 所 〒606-8502 京都市左京区北白川追分町

       電 話 075-753-6419
     FAX 075-753-3623
     E-mail a60unneihi2@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp