【研究成果】分岐鎖アルコールによる細胞生育阻害の新たな分子メカニズムを発見 -窒素飢餓ストレス応答の制御による耐性獲得と バイオ燃料イソブタノール生産能の向上-

2019/11/22

黒田浩一 農学研究科准教授は、Gregory Stephanopoulos マサチューセッツ工科大学教授、Gerald R. Fink ホワイトヘッド医学生物学研究所教授、José L. Avalos プリンストン大学助教らと共同で、バイオエネルギーとして重要なイソブタノールなどの分岐鎖アルコール生産時に起こる細胞生育阻害の新たなメカニズムを発見しました。

詳しくは、こちらをご覧ください。