【研究成果】アフリカ熱帯林の焼畑-休閑サイクルにおいて休閑初期の草本植生の侵入が土壌肥沃度の回復を早めることを発見

2019/08/02

舟川晋也 地球環境学堂教授、杉原創 東京農工大学特任准教授、田中治夫 同准教授、柴田誠 新潟食料農業大学助教、小﨑隆 愛知大学教授、Mvondo Ze A.D. カメルーン・Dschagn大学教授らの研究グループは、カメルーン東部の熱帯林における焼畑‐休閑サイクルにおける土壌肥沃度回復機構を解明し、休閑初期に繁茂する草本植生由来の炭素がその後の土壌肥沃度回復に大きく貢献していることを明らかにしました。

詳しくは、こちらをご覧ください。