【研究成果】シロアリの配偶者探索における動き方の秘策を解明 -状況に応じた歩行パターンの使い分け-

2019/07/12

水元惟暁 農学研究科博士課程学生(現・アリゾナ州立大学・日本学術振興会海外特別研究員)、土畑重人 同助教の研究グループは、シロアリのオスとメスが異なる歩行パターンを状況に応じて使い分けることで、パートナーとの遭遇効率を上げていることを発見しました。

詳しくは、こちらをご覧ください。