産業界から講師を招いて英語講義を開講しました

2018/07/06

農学研究科では大学と産業界との連携を深めるべく、平成23年度から毎年、民間企業から専門家を講師に招き、講義を行っています。企業紹介や製品紹介を含め、産業界の視点から農業の課題や展望について講義が行われています。

6月26日には食品の業務用計量機器、包装機で国内でもトップシェアを持つ企業から、講師を招き、講義が行なわれました。前半は講義形式で授業が進められ、後半では実際に流通している機器のデモンストレーションが行なわれました。その際には受講生も食品計量に挑戦するなど、活気のある講義となりました。

本講義は研究科横断型教育プログラムの提供科目でもあり、講義は全て英語で行われています。毎年農学研究科だけでなく、他研究科からも留学生や日本人学生が数多く受講しています。

計量機器の実演の様子