【研究成果】世界で初めて兵隊フェロモンを特定 -衛生兵としての役割も担う兵隊シロアリ-

2017/08/08

 三高雄希 農学研究科博士課程学生、森直樹 同教授、松浦健二 同教授らの研究グループは、長年謎に包まれていたシロアリの兵隊アリへの分化を抑制するフェロモンを世界で初めて特定し、さらにこのフェロモンが、働きアリを兵隊アリの側に引き留めておく機能と、昆虫病原菌の成長を抑える機能も併せ持つことを明らかにしました。今回の研究成果は、社会性昆虫のシロアリにおいて、巣内の役割分業がどのように制御されているのか、それに関わるフェロモンがどのように進化してきたのかを理解する上で、極めて重要な意味を持ちます。

 本研究成果は、2017年7月26日に英国王立協会紀要(Proceedings of the Royal Society B)にてオンライン掲載されました。

 詳細はこちらをご覧ください。