【開催案内】公開講座平成29年度(第81回)京都大学食と農のマネジメント・セミナー 第3クラス 食品トレーサビリティの原理と応用(ケースメソッド)(終了しました)

2017/06/21

 食中毒や薬物などによる食品汚染の発生時には、健康被害の抑制のため、迅速な製品回収が求められます。食品トレーサビリティの確保はそのための必須条件です。本講座ではトレーサビリティの原理を教授し、仕組みづくりを習得するための演習を実施しています。

期日   平成29年7月27日(木)~7月28日(金)
対象   食品企業・行政職員・団体職員・農業者・研究者等
場所   京都大学大学院農学研究科大会議室
講習料  15,000円 、 講義のみ 7,000円 、 演習のみ 8,000円
     他にテキスト代 2,500円必要
申込方法 開催要領および申込用紙を下記まで請求してください。
     申込用紙は講習会申込書からもダウンロード可能です。
     申込書に必要事項を記入し、返信用封筒(長3規格、切手82円貼付、返信左記の住所・氏名記入)を同封のうえ
     申し込んで下さい。申込受理後、受講者決定通知及び講習会案内を発送します。
申込期間 平成29年7月24日(月)まで
     (100名の定員になり次第〆切ります。ただし定員に満たない場合は申込み期間終了後も受付けます。)
連絡先  〒606-8502 京都市左京区北白川追分町
     京都大学大学院農学研究科生物資源経済学専攻「公開講座係」あて
     電話075-753-6200

講義 講師
「食品トレーサビリティの原理」 立命館大学教授(京都大学名誉教授)新山陽子
「加工食品の衛生管理、トレーサビリティの仕組みづくりと運用」 ヤマサ蒲鉾 黒田信行
「さまざまな情報媒体とユビキタス」 東洋大学教授(東京大学名誉教授)  坂村 健
「近年の食品事故と食品安全・衛生管理の考え方」 同志社大学助教 鬼頭弥生
「過去の重大事故から学ぶ、食品企業の危機管理」 食品需給研究センター准主任研究員 山本祥平
「トレーサビリティシステム基本構想書と実施計画の作成」 食品需給研究センター主任研究員  酒井 純
「ケースメソッドによるトレーサビリティシステムづくりの演習」 食品需給研究センター主任研究員  酒井 純

同上 准主任研究員        山本祥平

京都府               佐々木敬之

立命館大学教授(京都大学名誉教授)  新山陽子