第1回京都大学農学研究科ーカセサート大学共催シンポジウム(The 1st Bilateral symposium “Food, Environment and Life for the next generation”)が開催されました

2016/01/13

第1回 京都大学農学研究科ーカセサート大学の共催シンポジウムが12月16日と17日の2日間にわたり開催されました。シンポジウムには、京都大学関係者から28名が参加し、カセサート大学関係者と合わせて100名近くの参加がありました。
16日午前中の全体会議では、ダブルディグリープログラムの紹介や京都大学ASEANセンターの紹介も行われ、今後の更なる研究協力・学生交流の促進に期待が寄せられました。午後からは下記の4つの分科会で双方の研究者が研究発表を行い、各分野において活発な議論が交わされました。

Session 1:Agronomy, Horticulture, Animal science, Agricultural engineering and machinery
Session 2: Forest science, Soil science, Land resources
Session 3: Agricultural chemistry, Micro biology, Food science, Plant protection
Session 4: Agricultural economics, Fishery

17日はエクスカーションが行われ、2つのグループに分かれて、精米施設、食品加工場、製紙工場、エビ養殖場を見学しました。

DSC_2768

IMG_1580